前へ
次へ

離婚裁判の結果に不満があるなら

裁判所は、様々な事件を取り扱っていますが、民事事件が非常に多い傾向にあります。民事事件とは、刑事罰とは関係ない事件のことで、家庭裁判所で不倫事件を扱っている場合などがこれにあたります。明確に言えば事件ではありませんが、不倫に関する事は非常に多い傾向にあるでしょう。特に離婚裁判等は多くが不倫事件に関するものです。離婚裁判まで発展してしまった場合、決着がつくまで行われます。もし離婚裁判で決着がつき自分が負けてしまったとすればどうしたらよいでしょうか。ある意味そのまま受け入れる方法もあります。例えば、どうしても相手方の言い分に対してそれをひっくり返すことができない場合です。しかし、自分にはまだ勝ち目があると考えた場合には、そのまま控訴する方法もあります。ただ、多くの場合そこまでしない理由は、お金がかかってしまうからです。特に慰謝料請求を受ける場合は、先延ばししたところで弁護士費用がとてもかかってしまうため損しかありません。

Page Top