蜑阪∈
谺。縺ク

成功報酬と着手金を離婚裁判の時に知る

夫婦のどちらかが不倫をした場合には、夫婦関係が悪化する事は間違いありません。
もちろんその前から悪化していたかもしれませんが、直接離婚の原因になることは避けられないでしょう。
離婚をする場合、片方は慰謝料請求をしても良いですがしなくても良いです。
もし精神的なダメージを負っていて相手に対して嫌な思いをしたと感じる場合には、堂々と慰謝料請求をしましょう。
請求をするときには、離婚裁判で行うことになります。
離婚裁判では、必ず弁護士を雇った方が良いです。
なぜなら、弁護士は法律のプロだからです。
法律のプロがいない場面で裁判をしたとしても、まず慰謝料を取ることができません。
弁護士に支払うのは、成功報酬の着手金といったお金です。
これらはどれぐらいの金額になるかと言えば、手に入れたい慰謝料のおよそ10%から20%ぐらいになります。
おおむね20%と考えておけば妥当な金額がわかるでしょう。
これは、結果が出た後に支払うところがほとんどになります。

Page Top