蜑阪∈
谺。縺ク

離婚裁判の慰謝料で相手の年齢からわかること

配偶者に対して不満を抱いている人は、必ず離婚するわけではありませんが、不倫などに走る例も少なくないことが言われています。
不倫になってしまい、それがばれた場合その人は慰謝料請求をされることになります。
慰謝料請求に納得がいかなければ、離婚裁判にもつれ込む事は決して珍しくないです。
離婚裁判をする場合、裁判所が慰謝料を確定していくことになります。
この慰謝料の金額は、不倫をした相手の年齢が実は大きく関係していることを知っている人はあまりいません。
なぜ相手の年齢が関係あるかを説明していきます。
例えば、相手の年齢が20歳の人の場合と50代の人の場合では、50代の方が慰謝料は少なくなるとされています。
それは、配偶者が主体的に行っている可能性がやや低いからです。
どちらかと言えば、言葉巧みに誘われた印象があるのでしょう。
これに対して、相手が20歳位の場合には自分が相手を誘った可能性が高いです。
つまり主体性が強いためより悪意があると考えられ、慰謝料の額も高くなると考えられます。

Page Top