前へ
次へ

離婚裁判と成功報酬を知ろう

不倫が原因で離婚裁判に発展するとすれば、それは慰謝料請求をする場面だと考えておけば間違いありません。

more

離婚裁判と請求額を考える

夫婦関係が破綻してしまう場合には、離婚に発展する恐れもあります。
離婚に発展する場合、10%未満の確率

more

成功報酬と着手金を離婚裁判の時に知る

夫婦のどちらかが不倫をした場合には、夫婦関係が悪化する事は間違いありません。
もちろんその前から悪化し

more

離婚裁判をすることについて

離婚裁判では、調停離婚が成立しなかった際に、訴訟提起をするものです。
これは、裁判での離婚や慰謝料などを請求するという内容になります。
この場合、原則としては前もって調停手続きを終えていることが必須です。
民法が定める離婚理由も必要となってくるようです。
このような裁判の流れは、まず裁判所に訴訟の提起をすることになります。
そして、裁判期日に双方の当事者が主張と立証をするという形になります。
その他、当事者などに対しての尋問が行われることになります。
このような尋問が行われる前には、和解の提示が行われることがあるでしょう。
その後、双方の当事者が裁判所の和解案に対して合意をするのであれば、和解した形での離婚が成立することになります。
慰謝料の額もこの際に決められることもあるでしょう。
ですが、和解にならないという場合には、裁判所が離婚の可否であったり、慰謝料額などの判断を行います。
そして、離婚が認められるという判決になった場合には、その際に離婚が成立して、慰謝料額などが決められることになるでしょう。
離婚を認めるという判決が確定してから10日以内には、離婚届けと一緒に判決謄本と確定証明書を添え、市区町村役場に対して提出を行わなければならないとされています。
判決の内容に対して不満があるという場合には、判決書が送られてきた日から14日以内の控訴を提起するということができるようです。
尚、このような離婚裁判ですが、相手が行方不明の場合などには、裁判所により調停離婚をすることが適当ではないと判断がされることがあります。
その場合には、例外的ではありますが、調停を経ることなく裁判離婚になることがあるようです。
そして、裁判離婚をする場合には、どのくらいの時間が掛かるのかについてですが、これは約1年程掛かるということを踏まえていた方が良いという内容になります。
しかし、第一審の段階で勝訴した場合であったとしても、相手が控訴や上告を争う形になれば、もっと長く掛かるとされています。

お客様の要望や場所によりオーダーメイドの清掃を提案します
これまで培ってきた経験と清掃技術から最適の清掃メニューをお客様に提案します。

お客様の要望に合わせて臨機応変に清掃します
どのような清掃メニューがあるのか、どれくらいの頻度で行うべきなのか質問や相談はお気軽にお問い合わせください。

300時間以上の研修を受けた清掃のプロによるサービス
清掃サービスだけではなく、礼儀やコミュニケーション、マナーなどしっかりと学んだスタッフが清掃を行います。

都内で入れ墨をしたいと思ったら
立川駅からすぐに近くのタトゥースタジオがおすすめです!

住宅ローンを勤続年数短い方でも組めるようサポート!
独自の手法やノウハウ・交渉力にて勤続年数の短い方でもマイホームを手に入れられるようにします。

Page Top